ブラジルの国民性を解き明かす!多様で魅力的な文化に触れてみよう

Brazilian culture

はじめに

ブラジルは世界第5位の面積を誇る大国で、人口も2億人を超える多民族国家です。ポルトガル人を中心に、アフリカからの奴隷、イタリア人、スペイン人、ドイツ人、日本人、アラブ人などの子孫が混ざり合い、多様で独特な文化が生まれています。今回のブログでは、そんなブラジル人の国民性や特徴を掘り下げていきましょう。

フレンドリーでおしゃべり好きな性格

Brazil

ブラジル人はフレンドリーで暖かい性格が特徴的で、親しみやすさから海外での人気も高くなっています。その原理とは、日々の生活の中でコミュニケーションが重要視されていることが大きく関係しています。以下では、その原理を具体的に説明していきます。

あいさつにスキンシップが欠かせない

ブラジルでは、あいさつや挨拶で握手やハグ、キスが一般的です。おしゃべり好きな彼らの性格がよく表れており、相手に親しみを感じることができます。ブラジル人はスキンシップが大切だと考えており、そのスキンシップが相手との関係を深める重要な要素であるとされています。

日本人にとっては、初対面でキスを交わす文化は違和感を覚えるかもしれませんが、ブラジル人にとってはそれが自然なコミュニケーション方法です。訪れた際には、彼らの文化に合わせてれば、きっと素敵な時間が過ごせるでしょう。

公共の場でもおおらかで賑やか

ブラジル人が持つおおらかで賑やかな性格は、公共の場でも顕著に現れています。電車やバスの中で大声で話す姿がよく見られ、また、街中で音楽を楽しみながら踊ることも珍しくありません。

このような賑やかさが、おしゃべり好きな彼らのコミュニケーション能力を高めている一因であるとも言われています。また、ストレス社会が進む現代では、彼らの楽観主義な性格が改めて注目されることでしょう。

多様性に富む国民性

diversity

ブラジルはポルトガル語を公用語とするものの、先住民のインデアン、ポルトガル人、アフリカ人、イタリア人、スペイン人、ドイツ人、日本人、アラブ人などの異なる文化や習慣が融合した多様性に富む国です。さらに、人種差別や対立の歴史があまりなく、公共の場でも皆が互いに尊重し合い穏やかに暮らしています。

調和を重んじる共存意識

ブラジルでは、黒人奴隷の待遇の違いやポルトガルの影響が見受けられますが、人々は過去の歴史を乗り越え、互いに調和を重んじる共存意識を持っています。これは、音楽のボサノバに象徴される融和から生まれたものです。

また、ブラジルの人々は出自を自慢したりこだわることがあまりなく、皆がブラジル人としてのアイデンティティを強く持っています。この調和を重んじる共存意識は、現代の多様性に富む社会において大変参考になるものです。

白人、ムラート、黒人という人種構成

ブラジルでは、白人が47%、ムラートが43%、黒人が7%、先住民の数が少ないことが特徴です。ブラジル人は自身の人種について明言しにくいですが、それは血筋が入り混じっているためです。また、国内には100万人の日本人移民がおり、彼らも人種的な差別や迫害ではなく、貧困からの苦労を経験してきました。

こういった国内の人種構成や歴史を背景に、ブラジル人は互いの違いを尊重し、寛容な心を持つことができます。このような人種の違いから学ぶことができる多様性は、今日のグローバル化が進む世界では非常に価値あるものです。

家族を大切にする価値観

family

ブラジルでは家族の絆が非常に重要視されており、特にクリスマスや元日などの祝日は家族で過ごすことが一般的です。また、親族間のつながりも深く、家族以外の人間関係にも対応することが求められます。この章では、ブラジル人が持つ家族を大切にする価値観について詳しく見ていきましょう。

家族との絆を重視

ブラジル人は結婚後も親と同居することが一般的であり、家族全員が助け合う文化が根付いています。このため、親子・姉妹兄弟関係が非常に強くなる傾向があります。また、ブラジル人は親戚関係も重んじるため、親戚同士での交流も盛んに行われます。

このような家族を大切にする価値観は、彼らのコミュニケーション能力を養うだけでなく、人間関係を築く力も高めています。

恋人よりも家族が大切

ブラジル人は恋人よりも家族を大切に考えることが一般的であり、これは日本文化とは正反対の考え方です。ブラジルでは結婚を考える前に、恋人はまず家族との関係を築かなければならず、家族が恋人を受け入れなければ結婚は難しいでしょう。この文化は、ブラジル人が強い家族愛を持っていることを示しています。

一方で、日本と異なり、家族内での意見や感情をストレートに言い合うことができるため、家族間でのコミュニケーションがスムーズに行われることが多いです。

清潔好きで美を追求

hygiene

ブラジル人は非常に清潔好きであり、1日に1回以上はシャワーを浴びる人が多いです。また、髪や歯の手入れにも力を入れており、毎食後には歯を磨くのが一般的です。この章では、清潔好きなブラジル人が持つ美の追求とその理由について説明します。

シャワーをこまめに浴びる習慣

ブラジル人は1日に最低1回、人によっては2〜3回シャワーを浴びる習慣があります。これは、暑い気候と衛生状態が影響していることが挙げられます。また、清潔な身体でいることは、他人に対して気持ちよく接することができる原則でもあります。

この習慣は、ブラジル人がおおらかで親しみやすい性格を持つ理由の一つとされています。清潔な身体が、人間関係を築く上での良い印象を与えることができます。

美容とファッションへの強い関心

ブラジル人は肉体的な美しさを大切にし、美容やファッションに対する関心も高いです。特に、ビーチが多い国柄から水着姿を意識して、体型維持や美容に力を入れる傾向があります。さらに、美容に関する情報やアドバイスがテレビや雑誌などで頻繁に取り上げられるため、美容意識が高まっています。

また、美容外科も盛んであり、外見を綺麗に見せるための手段として利用されています。このような美を追求する姿勢が、ブラジル人の魅力の一つとなっていると言えます。

まとめ

ブラジル人の国民性はフレンドリーでおしゃべり好き、家族を大切にし、清潔好きで美を追求しています。また、多様性があり、人種差別や対立の歴史が少なく、互いに尊重し合いながら共存している国です。ブラジルの国民性を理解し、彼らと触れ合う機会があれば、より深い関係を築けるでしょう。

また、ブラジルの独特な文化や習慣は、日本とは異なる価値観や考え方を提供してくれます。これらから学ぶことで、自身の視野を広げることができるでしょう。今回のブログ記事で紹介したブラジルの国民性や特徴を参考にして、ブラジル人との交流を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です