世界各国のキャッシュレス決済事情:日本が遅れる背後の理由と他国の施策

cashless

キャッシュレス決済は、世界中で広く普及している現代の決済方法です。

しかし、国によってキャッシュレス決済の普及率や利用方法は異なります。

本記事では、世界各国のキャッシュレス決済方法を比較して、日本のキャッシュレス化が遅れている背景や、他国で実施されている施策を検証していきます。

日本のキャッシュレス決済比率と他国との比較

cashless_payment

日本では政府が2025年までにキャッシュレス決済比率を4割程度に上げることを目指していますが、他国と比べると日本のキャッシュレス決済の普及率はまだ低いままです。

世界各国のキャッシュレス決済比率

キャッシュレス決済の普及率は、国によって大きな違いがあります。例えば、韓国では93.6%、中国では83.0%、オーストラリアでは67.7%、イギリスでは63.9%、スウェーデンでは46.3%など、日本の29.8%よりもはるかに高い比率を示しています。

これらの国では、さまざまな施策が行われており、キャッシュレス決済が身近なものとなっています。日本ではまだ現金が主要な決済手段であり、キャッシュレス化が進まない背景には治安の良さや現金への信頼、店舗業界の発達、ATMの利便性などが挙げられます。

他国で行われているキャッシュレス化施策

韓国では所得控除や宝くじ参加券付与の制度があり、キャッシュレス決済が奨励されています。イギリスでは非接触型ICカードの普及が進んでおり、利便性が向上しています。中国では、銀廉カードの発行とスマートフォンの普及によってQRコード決済が急速に広まっており、オーストラリアではスーパーマーケットでキャッシュレス決済が導入されています。

スウェーデンでは、現金輸送コストや強盗の問題を解決するための施策が実施されており、キャッシュレス決済が推進されています。これらの国々では、政府や民間企業の取り組みによって、キャッシュレス化が徐々に進められています。

日本のキャッシュレス化の未来

cashless payment

日本でも政府がキャッシュレス決済比率を上げることに取り組んでおり、店舗の省人化や税収向上、データ活用による消費活性化が期待されています。

2025年までの目標

経済産業省が2025年までにキャッシュレス決済比率を4割程度に上げることを目指しています。これにより、経済や国民の生活の質を向上させることが期待されています。

しかし、現在のキャッシュレス決済の普及率はまだ十分ではなく、消費者や事業者の積極的な取り組みが必要です。日本国内では人手不足が問題となっており、キャッシュレス化が生産性向上のためにも必要不可欠です。

新型コロナウイルスとキャッシュレス決済

新型コロナウイルスの感染拡大も影響して、キャッシュレス決済がより身近なものになりました。感染拡大の水際対策の緩和を受けて、キャッシュレス決済が不可欠な国際化社会に対応できるような環境を整えていくことが重要です。

キャッシュレス決済は消費者と店舗側双方にメリットをもたらし、政府によるキャッシュレス・ポイント還元事業などを賢く活用してキャッシュレス化を推進し、経済活性化につなげましょう。

まとめ

世界各国のキャッシュレス決済方法を比較することで、日本のキャッシュレス決済の普及率が遅れている背景や、他国で実施されている施策が明らかになりました。日本政府は2025年までにキャッシュレス決済比率を4割程度に上げることを目指しており、消費者や事業者も積極的にキャッシュレス化に取り組むことが期待されています。

また、新型コロナウイルスの影響により、キャッシュレス決済がさらに身近なものになりつつあります。これを機に、日本も他国と同様のキャッシュレス決済環境を整え、経済活性化や国民の生活の質の向上に努めましょう。

よくある質問

Q1: キャッシュレス決済とは何ですか?

A1: キャッシュレス決済とは、現金を使用せずに電子マネーやクレジットカードなどの電子的な支払い手段を使用して商品やサービスの支払いを行うことです。

Q2: 日本のキャッシュレス化が遅れている理由は何ですか?

A2: 日本のキャッシュレス化の遅れの背景には、現金への信頼や治安の良さ、店舗業界の発達、ATMの利便性などが挙げられます。

Q3: 日本のキャッシュレス決済の普及率は他国と比べてどうですか?

A3: 他国と比べると、日本のキャッシュレス決済の普及率はまだ低く、2025年までに政府が4割程度に上げることを目指しています。韓国や中国、オーストラリア、イギリス、スウェーデンなどの他の国々では、日本よりもはるかに高い普及率を示しています。

Q4: 新型コロナウイルスがキャッシュレス決済にどのような影響を与えましたか?

A4: 新型コロナウイルスの感染拡大により、キャッシュレス決済がさらに身近なものになりました。感染拡大の水際対策の一環として、キャッシュレス決済の環境整備が重要視されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です