世界各国の葬式と葬儀:文化の違いと比較で判明する特徴とは

funeral

葬式や葬儀は世界各国で異なる文化や宗教に基づいて執り行われています。

この記事では、各国の葬式・葬儀の特徴や、それぞれの国の葬儀の形式について詳しく解説していきます。さらに、各国の葬儀費用の相場や新しい埋葬方法の動向についても触れていきます。

フランスの葬儀と墓地文化

graveyard

パリの墓地の雰囲気

フランスの首都パリは、美しい街並みや貴重な絵画、自由な雰囲気で訪れた人々を魅了する都市ですが、葬儀やお墓の文化にも独自の特徴があります。パリの墓地は日本のイメージとは異なり、明るく公園のような雰囲気で、個性豊かな墓石が立ち並んでいます。これは自由と平等の国、フランスの都にふさわしいフィナーレと言えるでしょう。

パリには二十カ所の市営墓地があり、その中でもペール・ラシェーズ墓地は多くの著名人のお墓があります。また、地下墓地であるカタコンブも風変わりな観光スポットとして人気があります。

フランスの葬儀の特徴

フランス人の多くはカトリック信者であり、火葬は背信的な意味を持っていたため、土葬が一般的です。パリの葬儀はカトリックの教えに準じたもので、舟形の棺には故人のイニシャルのついた盾が乗せられます。

パリでは葬儀の基本部分を区営の公社が運営しており、費用も日本と比べて安価です。パリの葬儀は福祉の一環であり、誰もが安い料金で葬儀を行えることが特徴です。パリのお墓は個性を発揮する場であり、華やかな墓石や芸術的な墓石が建てられています。

世界各国の葬式の特徴や費用相場

funeral

イギリスの葬式

イギリスでは身内のみで行われることが多く、黒い馬車が使われます。また、英国では火葬される場合には遺灰になるまで焼かれ、遺骨を撒くことが一般的です。

アメリカの葬式

アメリカではお葬式がトータルビジネス産業に発展しており、激しい競争があります。なおアメリカでは、ごく一部の移民文化の影響を受けた地域を除いて、ほとんどの葬儀がプロテスタント・キリスト教形式で行われています。

中国の葬式

中国では遺骨は納骨堂に納められることが特徴であり、火葬が行われるようになってきました。また、風水が重んじられ、血縁の繋がりも大事にされます。

韓国の葬式

韓国では親の葬儀が盛大に行われることが多く、故人の上着を屋根で振る習慣や故人の口に水に浸したお米を含ませることも特徴です。また、韓国では3日葬と呼ばれる葬儀が行われ、3日間かけて葬儀が行われます。

アメリカやヨーロッパの埋葬方法

burial

アメリカの埋葬方法

アメリカでは主にキリスト教の思想による葬儀・埋葬方法で行われています。実際にアメリカでキリスト教を信仰している割合は7割に達すると言われており、葬儀場は教会の施設を併設している所が多くなっています。

アメリカのお葬式では、牧師さんが「Congratulations!」と言い、宗教観の違いから「一時的な別れで、天国で再会することを神により約束されている」という意味でおめでとうと言われます。

ヨーロッパの埋葬方法

ヨーロッパでは神聖とされる土地は十分にないため、火葬を選択する傾向があります。さらに、様々な宗教が共存しているため、火葬率は国や地域で大きく異なります。

ドイツでは葬列が行われ、土葬が主流ですが、最近は火葬も増えてきています。フランスでは個性豊かな墓石や土葬が一般的であり、葬儀料金が安価であることが特徴です。イギリスはプロテスタントが多く火葬率は73%と高いが、土地不足も影響しています。

日本の葬儀や新しい埋葬方法

funeral

日本の葬儀の特徴

日本では火葬率が99.9%で世界一の火葬先進国であり、火葬が普及してから70年程度しか経っておらず、世界では遺体を焼くことに対する反応はまだ主流ではありません。しかし、将来的には葬儀のスタイルが大きく変わる可能性もあるでしょう。

日本の葬儀や埋葬方法には樹木葬や納骨堂、散骨など新しい波が来ています。樹木葬は火葬後の遺骨を森に埋めることで、自然と一体になることができるというメリットがあります。納骨堂は都市部で墓地が少ないことから需要が高まっており、散骨は広大な自然の中に遺骨を返すことで故人の霊を慰めることができるとされています。

世界的な埋葬方法の動向

世界では宗教や文化、思想などにより、葬儀・埋葬方法は大きく異なります。そして時代にあわせて葬儀・埋葬方法が変わり、これからも変わっていくでしょう。たとえばグリーンバーリングやボーディフォレスト、生物分解によるリビングビーンコフィンなど、環境に優しい埋葬方法の開発が進められています。

また、葬儀業界もテクノロジーの発展に伴って変化しており、オンライン葬儀やVR(Virtual Reality)を利用した葬儀が行われることもあります。これらの新しい葬儀・埋葬方法は、各国の文化や宗教、環境問題への対応によって広まることが期待されています。

まとめ

本記事では世界各国の葬式と埋葬方法について解説しました。

各国の特徴を理解し、その国の文化や宗教、歴史背景を尊重することが国際社会で共生する上で重要です。

また、新しい葬儀や埋葬方法の動向にも目を向け、環境や多様な文化に対応した葬儀・埋葬方法を取り入れることで、より柔軟で人間らしい葬送を行うことができるでしょう。

よくある質問

Q1: 葬儀や埋葬方法は国によって異なるのですか?

A1: はい、葬儀や埋葬方法は国や文化、宗教によって異なります。各国は独自の伝統や習慣を持っており、それに基づいて葬儀を行っています。

Q2: フランスの葬儀と墓地文化にはどんな特徴がありますか?

A2: フランスの葬儀はカトリック教会の教えに準じ、土葬が一般的です。墓地は明るく公園のような雰囲気であり、個性豊かな墓石が立ち並んでいます。

Q3: 日本ではどのような葬儀や埋葬方法が一般的ですか?

A3: 日本では火葬率が99.9%であり、火葬が一般的です。最近では樹木葬や納骨堂、散骨などの新しい埋葬方法も普及しています。

Q4: 環境に優しい葬儀・埋葬方法があると聞きましたが、具体的にはどのような方法がありますか?

A4: 環境に優しい葬儀・埋葬方法として、グリーンバーリングやボーディフォレスト、生物分解によるリビングビーンコフィンなどがあります。これらは自然との一体化や環境への負荷を軽減することを目的としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です