世界で楽しむ映画館体験!各国の過ごし方とユニークな上映スタイルを比較

movie theaters

映画館は、映画を観るだけでなく、デートスポットとしても人気があります。海外の映画館は多種多様で、日本とは異なる楽しみ方や施設があります。本記事では、世界各国の映画館の過ごし方を比較し、ユニークで興味深い映画館や上映スタイルについてご紹介します。

映画館のリアクション文化

cinema

国によって映画館でのリアクションの仕方が大きく異なります。例えば、アメリカでは映画の上映中に声を出して笑ったり、叫んだりすることが一般的です。このようなリアクションは、特にホラー映画やコメディー映画の鑑賞中によく見られます。

アメリカの映画館

アメリカの映画館では、映画の上映中に叫んだり声に出して笑ってもOKです。特にホラー映画やコメディー映画を観るときは、笑ったり叫んだりする人が多くいます。また、映画がつまらなかったら途中で帰っても問題ありません。アメリカン・ムービーゴーアーは好き嫌いが激しく、映画がつまらないとブーイングが飛んだりします。

映画鑑賞中にポップコーンを食べる音やガサゴソする音も気にすることはありません。映画館に行く際の定番もポップコーンとドリンク,特にラージサイズの場合は巨大なサイズのポップコーンとドリンクが出てきます。映画館の雰囲気も外観も素敵で、デートにもおすすめです。

日本の映画館

日本の映画館では、基本的に映画の上映中に静かに観ることがエチケットとされています。ただし、例外として、特別なイベント上映や、実写版やアニメーション映画の中には、映画館で盛り上がることが許容されているものもあります。

ポップコーンやドリンクを飲食することも一般的ですが、音を立てないように気を使うことが求められます。また、劇場内でのトークやガジェット操作は、他の観客の邪魔になるため控えるべきとされています。それぞれの文化を理解し、楽しむことが大切です。

世界のユニークな映画館

cinema

世界中には、驚きのデザインや施設が備わったユニークな映画館が存在します。それぞれの映画館が、個性的な雰囲気や楽しみ方で観客を魅了しています。

カストロシアター(アメリカ)

サンフランシスコにあるカストロシアターは、1920年代に建設された、歴史ある映画館です。内装はアールデコ調で、床から天井まで装飾されています。また、珍しいパイプオルガンが設置されており、上映前にオルガン演奏が披露されることもあるとのこと。ここでの映画鑑賞は、一度は体験しておきたいですね。

カストロシアターでは、新旧の映画を幅広く上映しており、映画祭や特別イベントも開催されています。観客が映画に対してリアクションを起こすことも珍しくなく、アメリカの映画館文化を堪能できる場所です。

オリンピア・ミュージック・ホール(フランス)

フランスにあるオリンピア・ミュージック・ホールは、ベッドに寝ながら映画を観ることができる映画館です。映画館内には、通常の座席のほかに、快適なベッドが並んでおり、くつろぎながら映画鑑賞が楽しめます。

また、オリンピア・ミュージック・ホールは、音楽イベントや演劇の上演も行われる多目的ホールです。ベッドでの映画鑑賞はカップルや家族連れにオススメで、非日常な体験をしてみたい人にぴったりの映画館です。

料金が高い映画館ランキング

青空

映画館への入場料金は国や地域によってさまざまですが、一部の映画館では非常に高額なチケットも販売されています。ここでは、高額な映画館をランキング形式でご紹介します。

1位: イギリスのオデオン

イギリスのオデオンは、映画館のチケット料金が最も高いと言われています。そのチケット料金は、作品や上映日・時間、座席によって異なり、10.75ポンド〜40.75ポンド(約1500円〜5800円)となっています。ただし、その分贅沢な設備や、世界的な俳優や監督が頻繁に訪れるようなプレミア上映やイベントが開催されていることを考慮すべきです。

また、オデオンは、イギリスの映画館チェーンの中で最も大きく、映画好きにとっては外せない存在です。料金が高い分、上質な映画鑑賞が楽しめることを期待できます。

2位: アメリカのIPIC Theaters

アメリカのIPIC Theatersは、豪華な皮張りシートが並ぶ高級感あふれる映画館です。通常シート、カップルシート、VIPシートの3種類があり、料金は15〜25ドル程度(約1600円〜2800円)です。こちらの映画館では、映画上映だけでなく、クオリティの高い料理やサービスも注目ポイントです。

IPIC Theatersは、観客の満足度を追求した映画館であり、それゆえに料金が高くなっています。しかし、高い料金を払ってでも、この上質な映画館での鑑賞を体験してみる価値はあるでしょう。

3位: イギリスのBFI IMAX

イギリスのBFI IMAXは、イギリス最大のIMAX映画館です。スクリーンの大きさはイギリス最大で20×26メートルで、料金は約23ポンド(約4500円)と割高です。しかし、この映画館で上映される映画は、イギリス最大のスクリーンで観ることができる贅沢な鑑賞体験が期待できます。

BFI IMAXは、映画のクオリティが高いものを上映しており、特に大画面で観るべき映画が多くラインアップされています。一度は訪れて、そのスケールの大きさに圧倒されたい映画館です。

まとめ

世界各国の映画館は、それぞれユニークな文化や施設があり、映画鑑賞の楽しみ方が多種多様です。国内外の映画館を巡り、異なる映画館の雰囲気や過ごし方を楽しんでみてはいかがでしょうか。今回ご紹介した映画館は、映画好きにとって訪れてみたい魅力的なスポットばかりです。異なる文化の映画館で新たな鑑賞体験を堪能し、映画の楽しさをさらに広げてみましょう。

よくある質問

1. 映画館のリアクション文化は国によって異なりますか?

はい、映画館のリアクション文化は国によって異なる場合があります。例えば、アメリカでは映画の上映中に声を出して笑ったり、叫んだりすることが一般的ですが、日本では基本的に映画の上映中に静かに観ることがエチケットとされています。

2. アメリカの映画館ではどのようなリアクションが許容されていますか?

アメリカの映画館では、映画の上映中に叫んだり声に出して笑っても問題ありません。特にホラー映画やコメディー映画を観るときは、笑ったり叫んだりする人が多くいます。また、映画がつまらなかったら途中で帰っても問題ありません。

3. 日本の映画館ではどのようなマナーが求められますか?

日本の映画館では、基本的に映画の上映中に静かに観ることがエチケットとされています。ただし、特別なイベント上映や、実写版やアニメーション映画の中には、映画館で盛り上がることが許容されているものもあります。ポップコーンやドリンクの飲食は一般的ですが、音を立てないように気を使うことが求められます。また、劇場内でのトークやガジェット操作は、他の観客の邪魔になるため控えるべきとされています。

4. 料金が高い映画館はありますか?

一部の映画館では非常に高額なチケットが販売されています。例えば、イギリスのオデオンやアメリカのIPIC Theaters、イギリスのBFI IMAXなどが料金が高い映画館として挙げられます。これらの映画館は上質な映画鑑賞や特別なイベントが楽しめるため、一部の映画ファンにとっては魅力的な選択肢となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です