サウジアラビアの国民性を知ろう!驚くべき文化と家庭の様子

Saudi Arabia

はじめに

サウジアラビアは日本にとって重要な貿易相手国で、石油などの資源により経済的にも力を持っています。しかし、この国のかたちだけでは伝わらない国民性が実際には非常に興味深いものです。この記事では、サウジアラビアの国民性に関する話題をいくつか取り上げてみました。

家族と住まい

family

サウジアラビアの家庭の様子は、日本とはかなり異なっています。中流家庭では、リビングルームが2つあり、男性用と女性用に分かれています。これは、イスラム教の影響で男女の別れ隔てが厳しく、家庭内でも異性と一緒に過ごすことが制限されているためです。

男女別のリビングルーム

サウジアラビアでは、ご家庭でお客様をもてなす際に、男女別のリビングルームが必要です。通常、お客様が男性の場合は、主人が男性用のリビングルームで応対し、女性の場合は女性用のリビングルームで奥さんが応対します。このような男女の別れ隔てはサウジアラビアの文化として根付いており、外から見ると不自由に感じるかもしれませんが、彼らにとっては普通のことです。

また、サウジアラビアでは家庭内での暮らしも日本とは異なります。砂漠気候の影響で日中は外に出られないこともあって、広い家の中で過ごす時間が非常に長いです。家族との時間を大切にしながら、家庭内で楽しむ文化が根付いています。

自宅での過ごし方

自宅で過ごす時間が多いため、夜になると涼しくなってから外出するケースが多く見られます。公園やショッピングモールなど、家族で出かけるスポットが人気です。また、家庭内では好みに合わせたインテリアや家具が豊富で、特に日本製の生地やブランド品が好まれています。

サウジアラビアでは、家族以外の男性と接触することが制限されているため、女性は家族単位で出かけることが多いです。また、女性は一度家に戻るとアバヤを脱ぎ、豪華な装飾の衣装を身にまとったり、家族とのホームパーティーを楽しんだりすることがサウジアラビアの文化として根付いています。

国民性

Saudi Arabia

サウジアラビアの国民性は非常に月面に満ちており、イスラム教の影響が大きく見られます。また、おおらかである一方で、伝統を重んじつつも他人に対しては慎み深い面があります。

友情

サウジアラビアでは、男性同士のスキンシップが頻繁に見られます。手をつないだりハグをしたりすることは友情の示しであり、恋愛感情によるものではありません。また、サウジ人はおしゃべりが好きで、カフェで友人とコーヒーを飲みながら長時間おしゃべりを楽しむことがあります。

しかし、友情以外にも様々な形で親密な関係が築かれており、互いに信頼できる関係が築かれていることが多いです。信じるのは家族と親友だけという慎重な性格が反映されています。

伝統と現代

サウジアラビアでは伝統を大切に守りつつも、現代のテクノロジーや文化への適応力があります。スマホやITに対する関心が高く、新しいものに対する好奇心が旺盛です。また、国外からの文化や製品も受け入れており、幅広い視野と知識を持っています。

食文化でも、サウジアラビアは国際的な要素が多く見られます。肉食が中心で、特に鶏肉や羊肉が好まれますが、インドやアジアの料理も人気があります。また、甘いものが大好きで、焼き菓子やチョコレートが滅せるほど愛されています。

服装

traditional clothing

サウジアラビアの民族衣装は、男性がトーブと呼ばれる白装束を着用し、頭にはスカーフを巻きます。女性はアバヤを身にまとい、頭髪を隠すことが一般的です。

男性の民族衣装

男性が着用するトーブは、サウジアラビアにおいてフォーマルな服装とされています。ヒモのありなしや襟の形などの細部が微妙に異なり、スカーフの柄や色も地域ごとに異なります。日本製の生地が最高級とされ、日本製のブランドが人気を集めています。

トーブはアラビア半島の民族衣装であり、イスラム教とは関係がないため、イスラム教徒でなくても着用することができます。サウジアラビアの首都リヤドでは、日本人がトーブを着ていると大歓迎されることがあります。

女性の民族衣装

女性が身にまとうアバヤは、イスラム教の教えに基づいて肌や頭髪を隠すためのものです。裁縫や飾りなど細かな点は異なっています。アバヤの下にはきらびやかな装飾がほどこされた衣装を着ていることが多く、内々でのホームパーティーや女性同士の集まりでおしゃれな衣装を披露することが楽しみとなっています。

女性のサッカー観戦も近年解禁されており、サウジの女性はアバヤ姿でサッカー観戦を楽しんでいます。これは、徐々に女性の活動の幅が広がりつつある象徴とも言えます。

恋愛と結婚

culture

恋愛観や結婚観については、イスラム教の戒律により厳しい制約があります。男女が一緒にいることは基本的にNGであり、デートも禁止されています。結婚相手は親や結婚相談所で紹介されることが一般的です。

結婚の形式

サウジアラビアでは、結婚はお見合いが主流で、恋愛結婚はほとんどありません。結婚相手は親や親戚が紹介することが一般的で、相手の家族との交流が重要視されます。また、結婚式は男女別に行われ、国際結婚も基本的に認められていません。

夫婦の関係も、イスラム教の教えに従っており、厳格に定められた役割分担があります。男性が家庭の外で働き、女性が家庭を守るのが一般的です。

性格や見た目の特徴

サウジアラビア人の見た目やスタイルについては、男性は頭にクーフィーヤを巻き、女性はアバヤを身にまとうことが一般的です。肌は黒めの茶色で、肥満な人が多い傾向にあります。また、眉毛が目立ち、男性は髭が濃い特徴もあります。

サウジアラビアの有名人や芸能人には、ヤセル・アル・モサイレムやルジャイン・ハズルールなどがいます。彼らの特徴を比較しながら、サウジアラビア人の特徴を知ることができます。

まとめ

サウジアラビアは、多様な文化と伝統を持つ国であり、国民性や家族のあり方・恋愛観などもまた独特のものがあります。厳しい気候や伝統の影響を受けつつも、サウジアラビア人は親切で慎み深い人々が多く、おもてなし文化を大切にしています。現代化と伝統の狭間で様々な変化が続いているサウジアラビアの国民性を理解することで、日本との共通点や相違点を見出すことができ、より深い理解へとつながるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です