ベトナム人の国民性:その性格と特徴を徹底解説!

Vietnamese

はじめに

ベトナムは南シナ海に面した東南アジアの国であり、約9,500万人の人口を有し、若者の人口が多いという特徴があります。ベトナム人の性格は陽気でおおらかなイメージが一般的ですが、実際にはシャイで恥ずかしがり屋であり、勤勉で真面目に働く人が多いです。しかし、日本人との親和性が高く、日本企業に多く採用されています。本記事では、ベトナム人の国民性について、地域ごとの違いや特徴について解説していきます。

ベトナム人の性格と特徴

Vietnamese culture

一般的な性格

ベトナム人は一般的に陽気でおおらかなイメージがありますが、実際にはシャイで恥ずかしがり屋であり、勤勉で真面目に働く人が多いです。また、家族を大切にする家族主義の考え方を持っており、仕事や勉強に精進する姿勢が評価されています。

ベトナム人はサービス残業はしないが、残業代が出るなら積極的です。また、目先の利益を重要視するため、給与に対する考え方も異なります。

国民性を表す4つの“K”

ベトナムの国民性を表す4つの“K”は、器用(Khéo léo)、向学心旺盛(Khát vọng)、近親眼(Kể chuyện)、かかあ天下(Khẩu)です。特に、ベトナム人の器用さは、手先が器用な人が多く、機械の修理や伝統工芸にも長けています。向学心旺盛な若者たちは、自分たちが高い給料をもらって親をやしなおそうと考えています。

一方で、近親眼では短期的な利益を重視します。そして、かかあ天下は女性が一家の大黒柱であり、ビジネスでも女性が主導権を握っていることが多いです。また、ベトナムはコネ社会であり、血縁関係や有力者からの後押しが重要視されます。

地域ごとの違い

Vietnam

北部地域

ベトナムの北部地域では、比較的内気で控えめな性格の人が多いです。また、スケジュールを厳密に守ることが重要視されます。言語や方言にも違いがあり、ハノイを中心とした北部地域では、ハノイ方言が使われています。

北部地域は山がちであり、茶や果物の生産が盛んです。また、観光名所としては、ハロン湾やサパが有名です。

中部地域

中部地域のベトナム人は、気まぐれでおおらかな性格が多いです。また、比較的保守的で地域の伝統を大切にしています。言語や方言にも違いがあり、中部地域では、フエ方言が使われています。

中部地域は海沿いが多く、漁業や畜産が盛んです。また、観光名所としては、フエの王宮やホイアンが有名です。

南部地域

南部地域のベトナム人は、おおらかで社交的な性格が多いです。また、外国文化に開放的であり、言語や方言にも違いがあり、ホーチミンを中心とした南部地域では、ホーチミン方言が使われています。

南部地域は熱帯性気候であり、米やココナッツ、果物の生産が盛んです。また、観光名所としては、メコンデルタやホーチミンシティが有名です。

日本企業との相性

Vietnam

良好な関係の築き方

ベトナム人の性格は日本人との親和性が高いとされ、良好な関係を築くことができるでしょう。ただし、仕事観や文化においては、日本人と大きく違うため、一緒に働く際は日本のルールや文化を丁寧に説明し、企業側が理解して考慮すべき部分は柔軟に対応する必要があります。

具体的には、コミュニケーションを重視し、丁寧に指示や説明を行うことが重要です。また、ベトナム人は家族を大切にする考えが強いため、家族への配慮も忘れずに行い、双方の理解と協力のもとで働ける環境を整えることが求められます。

日本企業で活躍するベトナム人

ベトナム人は勤勉な性格で、日系企業でも多くのベトナム人が活躍しています。また、日本の技術やマナーを素早く習得することができ、手先が器用であるため、工場や製造業をはじめとした多くの業種で貢献しています。

一方で、言語や文化の違いからコミュニケーションに苦労する場面があるため、相手の語学力や理解度を確認しながら、適切なサポートを行っていくことが大切です。サッカーが大好きなベトナム人とのコミュニケーションには、スポーツの話題も効果的です。

まとめ

ベトナム人の国民性や性格は多様であり、地域ごとに異なる特徴があります。ただし、全体的に勤勉で家族を大切にする考えを持っており、日本人との親和性が高いことから、日本企業での採用が増えています。

良好な関係を築くためには、日本のルールや文化を丁寧に説明し、コミュニケーションを重視することが重要です。また、ベトナム人の特性や国民性を理解し、双方の理解を深め合うことで、より良い働き方やビジネスが実現できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です